株式会社コモテック

コモログCOMOLOG
コモテックメンバーのハッピーお届けブログ

大河ドラマの一年

寒さが身にしみる季節になってきました。2010年もあと一ヶ月を切って焦っています。営業の白石です。

「眩し過ぎる日は無性に腹が立つ」

今年の大河ドラマ「龍馬伝」最終回、香川照之演じる岩崎弥太郎が言った台詞です。

2年くらい前に、2010年の大河ドラマの題材が「坂本龍馬」だということを聞いたときは、

「今更、龍馬もないんじゃないか」と思いました。

三菱財閥を築いた岩崎弥太郎の視点から“実業家”としての坂本龍馬を描くという触れ込みに対しても、正直ピンときませんでした。

「坂本龍馬」は、類い稀なカリスマ性をもってして、近代日本の幕開けを実現して散った“ヒーロー”だという、ある意味でとても抽象的なイメージしか持っていなかったことに、その時気づきました。

そんな思いを携えつつ、今年一年間、みるみる没頭するようにこの大河ドラマを見続けました。

そうして得た最大の「結論」は、坂本龍馬を抽象的なヒーローとして捉えていた頃からすると、至極意外なことでした。

その結論とは、“坂本龍馬は、暗殺されて当然の人物だった”ということです。

混迷する世の中を憂い、近代化を推し進め、文字通り“日本の夜明け”を実現した大人物を、暗殺するとは何事だ。

と、ずうっと思っていました。

しかし、国の発展のためだろうがなんだろうが、世の中をひっくり返すということは、

同時に、沢山の人間の存在と価値観を真っ向から否定し、脅かすことであり、

そこに“憎しみ”が生まれることは、ある意味当然だったろうと今は思います。

つまりは、冒頭の台詞に尽きるような気がします。

あまりに突然の突き刺すような日の光に対し、多くの人間は戸惑い、とにかく腹が立ったということなのだろうと思いました。

もちろん坂本龍馬は、そういった自らに対する弊害もすべて理解した上で、自分の使命を通したのだと思います。

怒りを買おうが、憎まれようが、一度上った日はすぐには沈まず、日本という国で、照り続けるということを彼は知っていたのだと思います。

坂本竜馬という人物が成したことの、あまりにも大きな「影響」を改めて知った一年間だったように思います。


読み込み中...
コモログとは

コモテックブログ、略して『コモログ』とは、株式会社コモテックの社員が日々の奮闘を綴るブログです。『株式会社コモテックと皆様との架け橋になる』ことをコンセプトに、リアルな日常をお届けします。

お客様PR
最新のエントリー
アーカイブ
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
お客様PR
サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム