コモテック社長ブログ
株式会社コモテック 代表取締役社長 薦田 拓哉のブログです

忘年会

恒例の忘年会が先日行われました。

育休中の社員にも久々に会ったり、和やかな雰囲気の中、あっという間の時間でした。

素晴らしい仲間と、来年も頑張ろう!

 

 

 

 

 

変わっている

先日ある経営者の方が、創業者は「変わっている」と言われていました。

それを聞いて、「なるほど確かに自分も変わっているなあ」とあらためて思いました。

その事についていろいろ考えてみると、そのマイノリティのおかげで現在があるなと感じています。

人と違うから、戦略にも差別化が出来たり、新しいことを生み出していけるんだと思います。

劣っていることには努力が必要ですが、変わっているのは貢献に繋がることが多くあります。

この「変わっている」ことに感謝してより強みにしていきます。

AI

最近、AIの発展を間近で感じることが多くなりました。

あまり表には出てこないけれど、割と重要なところでAIが活躍しています。

とてもワクワクすることですが、AIとの共存も意識していかなくてはいけないなと思っています。

変化

社会の変化同様、コモテック社内もめまぐるしく変化しています。

日々の少しずつの改革が積み重なって、1年単位でみると大きく変化しています。

来年は、情報インフラ等も大きく変わっていきます。

それらによって、コモテックも大きく変わっていくことだと思います。

今後も社会が変化する少し前にコモテックも改革し続けていきます。

社員の成長

経営者として、とてもうれしいことのひとつは社員の成長です。

それは、仕事が出来るようになることは勿論ですが、個人が成長して行く過程に関われることです。

今月から新卒1期生が産休に入りました。

新卒でコモテックに入社し、結婚して、出産してと、成長の過程を見ていられます。

生き方はそれぞれですが、いろいろな社員の成長を感じられるのも経営者のやりがいです。

全社員が安心して、個人の望む人生を歩める環境を作っていきます。

 

クレド

約10年前、コモテックのクレドを作りました。

この時は、リッツカールトンの成功事例があり、世の中の企業もこぞって自社のクレドを作っていたように感じます。

コモテックでも御多分に漏れず、クレドを作りました。

あまり、活用できずに10年が過ぎましたが、最近、このクレドがとても重要ではないかと、改めて考えるようになってきました。

そこで、新しいクレド作りに取り掛かりました。

型にはまったクレドではなく、コモテックのクレドを作ってみます。

それは「皆が幸せになるため」のクレドです。

試行錯誤しながらやってみたいと思います。

夏季休暇

夏季休暇も終わり、今日から業務開始です。

コモテックの休憩室には、様々な場所のお土産があり、社員もいろいろと出かけていたようです。

さて、私は今年もアルプスに行ってきました。

今年は、台風の影響が少しでも無い所へと、立山から剱岳へ行ってきました。

立山から縦走して別山に上がると、目の前に剱岳が現れます。

それは、周りの山とは様相の違う、今にも動き出しそうな山でした。

とてもインパクトのある、怒っているような鬼ヶ島のような山でした。

別山を下り、剱岳の麓にある剣沢キャンプ場で1泊してから、翌日剱岳アタックです。

有名な蟹のたてばい、蟹のよこばいの鎖があり、緊張感のある登山道ですが、整備されているおかげで、無事登頂することが出来ました。

20キロあるザックを背負って長距離を歩いていると、体力的にきつくなってきて頂上ばかりを見てしまいます。

すると今度は精神的に辛くなります。

方向はきちんと見定めて一歩一歩足を止めずに歩き続けることが、達成への近道のように感じます。

また、来年アルプスに登りたいと思います。

仕事の目標も一歩一歩着実に!

仲間

『同じ目的を持って集まった人達の事を仲間』だと定義すると、目的が違ってくると仲間では無くなります。

友達や家族は、目的が同じで無くても情や血縁で繋がっているので、いつまでも関係は続きます。

会社は、やはり仲間の関係だと思います。

社内でそれぞれの目的が違ってくると仲間では無くなり組織としての機能を果たしません。

また、目的の違う者同士が集まるとお互い良いことはありません。

社内が同じ目的に一丸になっているときが、組織としても一番力を発揮できます。

その観点から見ると、お客様との関係も仲間であると言えると思います。

プロジェクトの目的を明確にして共有し、最善尽くしていきます。

今年初石鎚山

お山開きも終わった石鎚山に、山友達と行ってきました。

今回は、土小屋から二の森経由で頂上へと、約15キロのコースです。

二の森へは往復6キロぐらいなのですが、なかなかハードでした。

ハードなほどに達成感が増し、終わってからの幸福感が増します。

また、疲れてくると仲間の有難さも分かります。

今回の登山からも学ぶことが沢山ありました。

今年も山シーズンが始まりましたので、時間を見つけて挑戦したいと思います。

 

祝19周年!

おかげさまで設立して19年が経ちました。

継続するのは周りの人のおかげだと、振り返るといつも思います。

周りの皆さんに感謝です!

来年の20周年に向けてブレずに信じた道を進んでいきます!

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム