コモテック社長ブログ
株式会社コモテック 代表取締役社長 薦田 拓哉のブログです

20年がやたら多い・・・

最近、自身のブログに20年って言葉が多いなと思いました。

特に意識しているつもりでは無かったのですが、意識しているんですね。

まだ、振り返るには早いと思いますので、周りには20年間を感謝して、気持ちはあまりとらわれずに初心で今に集中していきたいと思います。

足るを知る

おかげさまでコモテックは6月から21期目に入りました。

私もコモテックを29歳で始めましたが現在49歳です。

あっという間です。

沢山の夢を見て会社を創業し、様々な経験をしてきましたが、意識をしていることが「足るを知る」ということです。

この「足るを知る」を知らなければ、本当の幸せにはなれないような気がします。

物質的な欲求にはキリがなく、追えば追うほど幸福感は薄れていくような気がします。

人のためになることや、愛情などは妥協せずに追求していけば良いと思いますが、快楽的なことや物質的な欲求は、あまり追い求めすぎない方が幸福感があります。

企業経営は資本主義的活動ですが、この資本主義だからこそ陥る罠でもあると思います。

関わる人が幸せになることに集中して努力し続けたいと思います。

アフターコロナ

緊急事態宣言も全面解除が見えてきて、少しずつ平常時に戻りつつあるように感じます。

自粛期間中、直面された方々は本当に大変なことも多かったと思います。

自粛期間中は制限も多かったですが、私にとって学ぶことがとても大きなものでした。

アフターコロナによる影響は少しずつ環境を変え、今後は大きな変化になるのではないでしょうか。

まだ完全に新型コロナウイルスがなくなっている訳ではなく、第2波、第3波へと起こる可能性が懸念されています。

慎重な対策をして、最大限の経済活動を行いたいと思います。

リモートワーク

新型ウィルスの影響でリーモートワークが増えています。

コモテックでも4年ぐらい前からテレワークを始めていたり、拠点とは社内間のリモート会議を行っていましたが、現在ではお客様との打ち合わせもこの数ヶ月で急速に進んでいます。

リモートワークのインフラが整っていくことで、更にリモートでの商取引が進んで行きそうです。

慣れるまで違和感はあると思いますが、回数を重ねるごとに画面を通じてのコミュニケーション方法が確立されて行き、よりリアルに近いコミュニケーションがとられると思います。

人との接触困難な状態が、新しい環境を生み出し、大きな機会が生まれています。

使っていると「どこでもドア」のような感覚になります。

定着するまで紆余曲折あるとは思いますが、うまく取り入れれば大きなイノベーションになると期待しています。

ニュートラル

外部環境は常に変わって行きます。

20年間経営してきましたが、変化のない時などありません。

外部環境によってポジティブになったりネガティブになったりと不安定なのが現実です。

外部環境で、経済など様々なことが変化しても、その感情に振り回せられることなく、

ニュートラルな感情で目標に向かって臨んでいくことを意識しています。

克己心

緊急事態宣言が行われた中、更に緊張感が続く毎日を過ごしています。

外は春の陽気に包まれ、桜や花々は色づき一見何事もないような錯覚も起きます。

自粛が続き、皆んながストレスを抱えている中、近い終息は見えません。

今はしっかりと克己心を持ち、希望を持って日々やるべきことだけに集中していきます。

時間の使い方

コロナウイルスの影響により、環境が変わっています。

会合などは自粛になり、仕事以外での不要不急の外出も控えています。

この、環境の変化に伴う時間を大事にしていきたいと思います。

 

マインドセット

まだまだ、見えない脅威から解放されていませんが、出来ることを行っています。

さて、「マインドセットから成果に結びつく」とよく言われます。

また、企業のマインドセットは経営者の経験や知識、性格、環境などが大きく影響します。

経営者が、知識を広げ、多くの経験を積むことで成果に大きく影響を与えることになると思います。

経営者は全て自責で、知識を身につける努力を怠らず、そしてより多くの経験を積んで行かなくてはならないと思います。

 

 

 

コロナウイルス

コロナウイルスによる、各会合の中止も相次ぎ、仕事以外のことは、出来る限り自粛しています。

各方面にも影響が出始めていますが、業務に差し支えの出ないように今出来る最善のことをしていきます。

初志

20年間ホームページを作り続けていますが、その領域は年々増えていて、現在ではホームページ制作を絡めた様々なことを行っています。

職業を聞かれた際も、ふと何屋さんだろうと思うことがあります。

IT企業、ソフトウェア開発、広告業等、どの分野にも当てはまりますが、非常に分かりにくい…

そこで、創業時の初志を振り返ってみました。

前職で、責任者としての問題解決の為にホームページを作ってみて、その効果に驚き、その体験・感動を広げたいと思って起業しました。

創業時の志である「インターネットを活用した新しい体験・感動を提供する」ことは現在でも変わっていません。

何屋さんよりも、この志である「体験・感動の提供」を変わらず、ブレずに仕事をしていきたいと思います。

その為にも、常に新しいことにチャレンジし続けていきます。

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム