コモテックメニュー

コモテック社長ブログ
株式会社コモテック 代表取締役社長 薦田 拓哉のブログです

社員旅行

社員旅行に行ってきました。

いつもより、深くコミュニケーションがとることが出来ました。

社員の良いところをたくさん見れたり、本音を垣間見ることが出来てとても良かったです。

社員の強い愛社精神に感動し、更にやる気が出ました。

情熱

甲子園もいよいよ決勝戦にまで来ました。

愛媛代表は残念ながらベスト4で終わりましたが、選手の皆さんはたくさんのことを学んだと思います。

甲子園、そして優勝へと高校球児達は凄まじい情熱を持って取り組んだことでしょう。

私達も、変わりゆく状況の中で貢献し続けるためには、この情熱が本当に必要です。

そして、情熱は安定の中では生まれにくいです。

常に不安定で緊張感のある状況下において、情熱は生まれます。

今が、どんなに安定しているように感じても、常に危機感を持つことが重要です。

我々も、悩み抜きながら情熱を持って貢献し続けられる組織でありたいです。

人間だから山に登る

先日、登山家の講演会があるとのことで行ってきました。

登山家が命の危険を冒してまで、山に登る答えは「人間だから山に登る」でした。

それは、

「誰も知らないことを知りたい」

「誰も見たことのない場所へ行ってみたい」

このような気持ちになるのは、京都大学でのゴリラの研究を例に挙げて、他の動物にはないとの事。

挑戦は、このようなことがモチベ―ションになってるんだと共感しました。

仕事にも通じるとこがあるなと。

 

言葉のプレゼント

いつも出会う人から、言葉のプレゼントをもらっています。

そのプレゼントは、気づきであり、私の足りない部分を教えてくれます。

社員から教えてもらうことも多いです。

私も、周りの人に何か言葉のプレゼントが出来るようになりたいと思います。

 

100年で一人前

先日、会でご一緒させていただいた経営者の方達が、会社は100年で一人前だとおっしゃってました。

その方達の会社は、60年、80年ぐらいの社歴のようでしたが、社歴の短い私が聞いていてもなんとなく納得しました。

コモテックは、起業してからの18年間で、良い時、悪い時と、交互に経験してきました。

その度に成長してきた実感がありますが、まだまだ会社としての経験不足を感じていました。

これからも、良い事、悪い事、様々な経験を積んで強く良い会社にしていきたいと思います。

 

いつも、ありがとう!

毎日、見ている光景ですが、花が違うだけでとても良い気持ちになります。

いつも、綺麗にしてくれてありがとう!

 

結婚式

先日、社員の結婚式がありました。

とても良い天気の中、爽やかな結婚式でした。

私自身も、とても嬉しく、また感動させていただきました。

夢に満ちた新しい夫婦の本当に幸せそうな姿を見ていると、経営者としていつも身が引き締まる思いです。

この両人の幸せ継続させるために、会社として出来ることをしていかなくてはならないと思います。

会社の理念に近づけるように、一歩一歩進んでいきたいと思います。

経営者の考え方

先日、お客様であるアトムグループ様の事業の取り組みを見学させていただきました。

現在、グループで約2800名の社員を抱える大企業です。

その、見学の中で感じたことは、従業員に信頼される経営者が私利私欲ではなく公利の為の事業を行っているということです。

経営者が私欲に走ると、従業員や顧客は敏感に感じて、経営者の周りには同じような人や顧客が集まります。

良い会社、従業員や顧客が幸せになる会社にするためには、経営者は真摯に貢献に目を向けないといけないと感じました。

とても良い勉強をさせていただきました。

(アトムグループ様が指定管理をされている、北条ふるさと館でのおひな祭りの催し物も見学させていただきました)

人と比べない

人と比べて出来た出来ないの判断は、相手を蹴落とす動機や妬みに代わります。

人を尊敬したり目標とするのは良いと思いますが、比べることは自身の成長にもならないと思います。

皆、良いところも悪いところもあります。

良いところだけを見て羨ましがったり、悪いところだけを見て優越感に浸ったりしていると、傍観者になってしまい成長できません。

社内でも、人と競うのではなく自身の成長に向けた挑戦が必要です。

人と比べるのではなく、目標に向かって思いやりを持ち相互協力をして行くことが、互いが幸せになってくことだと思います。

会社の強みを考える

昨日は春の嵐が吹き荒れ台風のような風でしたが、日ごとに温かくなり春の訪れを感じます。

さて、会社の強みは何ですか?と聞かれることが多いのですが、私が今考えるコモテックの強みは会社の文化のような気がします。

文化は社員のそれぞれが理解し共感したことによる集合体としての行動により成り立ちます。

経営者一人の思いでは文化にはなりません。

会社が自発的な同志の集合体であり、同じ志に向かって社員全員がそれぞれが価値を創造し自分自身と戦いながら努力し、相互協力して諦めることなく各仕事の100%を目指している文化が、会社の強みになっているのだと思います。

製品に対しての強みは、各チームごとにありますが、この文化が根源になっています。

まだまだ発展途上ですが、この文化をブラッシュアップし続けて、システマチックにワークフローに落とし込んでいくことが、今後の会社の発展、そしてみんなの幸せにつながると考えています。

 

 

© 2000-2018 COMOTEC Co., Ltd.