コモテック社長ブログ
株式会社コモテック 代表取締役社長 薦田 拓哉のブログです

気分転換

先日、万年筆のインクを黒から青に変えてみました。

字の色が変わるだけで、すごく気分転換になりました。

 

今年も桜は満開です。

感動する美しさです!

お花見は自粛ですが、見ているだけで幸せな気持ちになります。

ノイズを減らす

情報過多の時代、真実を見極めるのが非常に難しくなってきました。

AIにより押し付けられる記事や動画に気を取られがちになったり、情報か宣伝か、分からないような内容の本や情報誌。

ノイズを減らさなければならないと思っています。

ただ、このノイズの中に極稀に、重要な情報があったりするので厄介です。

自分できちんと情報を取りに行く習慣を身につけないといけないと思います。

そこには、基本を勉強しとかないと見誤りやすくなると思いますので、これからは尚更きちんとした、基礎知識を持たなくてはなりません。

大学院の時、英語の原文と日本語訳ではこんなにも受ける内容の印象が違う本があると感じました。

また、日本語の本が本当に少ないので、グローバルの中で知識はものすごく限られているのだとも感じました。

情報を鵜呑みにするのではなく、参考にして幾つかの情報と照らし合わせて整合性を見て判断していかなくてはいけないと思います。

社員に将来性を感じる時

ビジネスの原点は、顧客が、必要だけど出来なかったり、面倒くさかったり、やりたがらないことを率先して解決することだと思います。

社員を見ていて、社内のことでも、率先して面倒くさいことや、他の人がやりたがらないことをしている人、積極的に同僚の手助けを行っている人を見ると、顧客に対しても同じ行動をしていると想像できて将来性を感じてしまいます。

志がないと、その様な行動は続かないと思います。

飛行機

先日、空港の近くを通り懐かしく感じました。

こんなに飛行機に乗らなかったのは、随分久しぶりです。

3日に1回ぐらいのペースで乗っている時期もありました。

早く、自由に飛行機で移動できる日が来てほしいものです。

見えるものが違う

最近、人によって見える物が違うのではないかと感じています。

見えている物質は同じでも、知識によって見え方が異なり、結果見えているものが違ってきています。

以前は、興味のあるものによって見え方は違うのかと思っていましたが、年齢を重ねることによって学んできた知識・経験が増大し、より見え方が変わり、更にその後の考え方や行動が変わり人生が変わっていくのではないでしょうか。

当たり前のようですが、結構重要な事ではないかと思います。

知識・経験は、世の中の見方まで変えていくことであれば、人生そのものを豊かにし、そしてとても面白くしてくれる物ではないのでしょうか。

整理すると、簡単で当たり前のようですが、日々の生活の中に、勉強・経験を積み重ねていくことは簡単ではありません。

何かに夢中になって努力していくことが一番早く、知識・経験を積めるのかもしれません。

勉強することの本質はここにあるのかと思ってきました。

コロナ第3波

今年に入ってまだ2週間程度ですが、コロナによる経済的影響が増えてきたように感じます。感染者数も増えていますが、経済的影響が表面化するのはこれからかもしれません。コロナによる直接的な影響がないところでも、経済は連鎖で成り立っていますので、皆んなが良い状態になっていないと社会は安定しません。皆がやさしさを忘れず、助け合いながら乗り越えていく必要があると思います。我々ができることを真摯に積み重ねていき、コロナ終息を願います。

仕事始め

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は一方ならぬご厚誼を賜りありがとうございました。

本年も社員一丸となって社業に取り組んでまいります。

これまで同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

今年は考える年になりました。

12月に入り、あっという間に半月が過ぎました。

今年は、いろいろな意味で考えさせられる年でした。

世界中で新型コロナが広がり、経済にも大きく影響を与えられ、働き方も大きく変わりました。

コモテックは設立20周年という節目を迎え、次の20年後に向けて、会社の方向性を考えるきっかけになりました。

私は40歳台最後の年になり、50代にやるべきことを考えました。

また、海外の社員を雇用したことによって、リアルにグローバルな展開を考えました。

いろいろなことが重なり、将来を考える年になった気がします。

来年は、今年考えたことを活かしていく年の始まりになります。

リモート会議

今更ですが、リモート会議の便利さを感じています。

セミナー等もリモート会議が多くなり効率がとても良くなりました。

会議システムの性能や、インフラも向上し、使い慣れてきたこともあり、不便を感じることなく、より多くの会議に参加できます。

先日もアメリカのボストンと繋いで3時間ぐらい話しましたが、時差以外はストレスフリーです。

まだまだデジタル化の入り口だと思いますが、今後は益々効率化がされていくでしょう。

 

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

サービスに関することなら、
何でもお気軽にご相談ください
Contact
お問い合わせ
089-921-0002
(Tokyo
050-3154-7752)

パートナー募集に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム